大河ドラマ『天地人』で長澤まさみ演じる役設定が急遽変更


大学生ブログ選手権

俳優・妻夫木聡が主演のNHK大河ドラマ『天地人』の主要キャストである女優・長澤まさみ演じる初音が、戦国武将・真田幸村の“妹”から“姉”に、放送中にも関わらず急遽役設定が変更された。


 初音は、妻夫木聡演じる主人公・直江兼続にとって、肉体関係を結ぶ“初めての女性”。当初は俳優・城田優演じる真田幸村の妹役という設定だったが、それでは兼続と幸村の年齢差から、初音が10歳以下で肉体関係を結んだことになってしまうという視聴者からの問合せにより、NHK側が対応。番組公式ホームページに掲載されている登場人物関係図も、28日(水)より初音の設定が“妹”から“姉”に変更された。これに対しNHK広報は「年齢設定の部分で混乱や誤解を招く恐れがあるので原作通りに戻しました」とコメントしている。

 そもそも初音は史実にはない架空のキャラクターで、小説家・火坂雅志の原作では、真田幸村の“姉”となっているが、ドラマでは“妹”という設定で制作が進められてきた。一説では、長澤が妻夫木、城田よりも実年齢が若いため、その年齢差から“妹”となったようだ。だが、天正元年(1573年)、兼続は14 歳で初音と出会うが、幸村は兼続よりも3歳程度若く、初音が幸村の妹ならば、10歳未満となってしまう。倫理上の観点から、NHKも設定を変更せざる得なくなった。今後放送するにあたり、設定を変更したことにより撮り直しや再編集があるのかについては「あくまで人物関係図等での紹介で妹としていただけで、本編では触れてはいないので問題ございません」と語っている。

 史実に忠実であることと、ドラマとしてのエンターテインメント性は常に天秤に架けられる問題。時として50代の俳優が、史実では20代の戦国武将を演じることもよくあること。NHKとしては、10歳未満の性交を想定するのは不適切と判断し、今回の変更となった。




アマゾンストアの「K&D COMPANY 商品棚」も24時間営業中

Amazon.co.jp

DMM.com CD&DVDレンタル

韓流ドラマ スターに報酬払えず存亡の危機!?


大学生ブログ選手権

韓国のドラマ制作会社が軒並み赤字にあえいでいる。日本などアジアを席巻した“韓流ブーム”以降、大物俳優の出演料が天井知らずに高騰して制作費を圧迫し、ヒットしても採算が取れない異常事態に陥っているというのだ。出演料未払いをめぐる出演者対制作会社の泥沼の訴訟騒動にも発展。不況によるCM収入の減少や粗製乱造による質の低下も加わり、「韓流ドラマ」はまさに存亡の危機に立たされている。

 ■韓流スターvs制作会社…“仁義なき戦い”

 韓国で昨年末、韓流スターが自らドラマ出演料の引き下げを申し出る現象が相次いだ。

 ドラマ「天国の階段」や日本向け広報大使を務めたことでも知られるクォン・サンウさん(32)が昨年12月、新作ドラマの1話当たりの出演料を1500万ウォン(約100万円)以下に抑えると表明。直前の出演作と比べると3分の1に満たない額だ。

 クォンさんと並ぶ韓流スター、ソン・スンホンさん(32)も出演料の50%カットに同意したと発表。ソンさんは、韓国メディアに「ドラマの人気が出ても制作会社やスタッフは相変わらず苦しいのが韓国ドラマの実情。ともに働くものとして苦しさを分かち合いたい」と理由を語った。

 「冬のソナタ」で知られるチェ・ジウさん(33)の事務所も韓国メディアに出演料削減を明らかにするなど、韓国芸能界でひとつの“潮流”ができあがっている。

 だが、美談ばかりでない。逆の動きも表面化している。

 人気女優、キム・ヒョンジュさん(30)が未支払い出演料1億ウォン(約650万円)の支払いを求め、制作会社や前所属事務所を訴えるなど、訴訟沙汰も起きている。

 大物俳優、パク・シニャンさん(40)が未支払い出演料など3億8000万ウォン(約2500万円)を求め、制作会社を訴えた裁判では、韓国ドラマ制作社協会(ドラマ協会)がパクさんのドラマへの出演を無期限停止にする対抗措置を取り、芸能界を騒然とさせた。

 「1話当たり1億7000万ウォン(約1100万円)という法外な出演料を要求し、ドラマ市場の共倒れを招いた」

 これがドラマ協会側の言い分だ。

 まさに韓流ドラマの生存をかえけたスター対制作会社の仁義なき戦いが勃発している。

 ■ヨン様、報酬は4億円!?…赤字にあえぐ制作会社

 《ペ・ヨンジュン、推定2億5000万ウォン(約1600万円)

 ソン・スンホン、同7000万ウォン(約460万円)

 クォン・サンウ、同5000万ウォン(約330万円)

 チェ・ジウ、同4800万ウォン(約320万円)…》

 韓国ドラマプロデューサー協会の資料をもとに韓国の大学教授が昨年末に公表した韓流スターのドラマ1話当たりの出演料だ。50〜100話と続く韓国ドラマの常識から考えると、総額のすごさがうかがえる。

 日本でも放映された大型時代劇「太王四神記」でペ・ヨンジュンさんには60億ウォン(約4億円)が支払われたと、韓国のテレビ局「MBC」労働組合が発表。ペさんの事務所は「著作権料などが含めれており、正確な出演料ではない」と反論しており、割り引いて考える必要があるが、韓国で音楽番組への出演料が20〜30万円というからドラマ出演料がいかに突出しているかが分かる。

 「太王四神記」では、最終回を迎えても出演者に報酬が支払われないという問題も浮上した。制作したプロダクションはその後もヒット作を生んだが結局、巨額の赤字を出した。

 同じく時代劇「イサン」でも視聴率30%を記録したにもかかわらず、制作会社が15億ウォン(約1億円)の赤字を抱え、出演料が支払えない状態だと韓国メディアが伝えた。

 主人公ら看板スターに報酬を支払うと、予算がほとんど残らず、美術や照明といった制作スタッフには給料も支払えない深刻な事態が浮かび上がっている。

 韓流ドラマ輸入にかかわる日本の関係者は「『あそこのドラマ制作会社がつぶれた。大手でもあそこはヤバイ』という話をよく耳にする」と打ち明ける。

 ■出演料制限も…「ヨン様、クォン様は特別枠」マル秘リスト

 そもそも、韓流スターの出演料はそれほど高いわけではなかった。韓国芸能界に詳しいライターの児玉愛子さんによると、スタークラスでも500万ウォン(33万円)ほどだった出演料が高騰し始めたのは、「冬のソナタ」の放映が韓国で始まった2002年ごろから。台湾や香港では、すでに韓流ドラマのブームが始まっていた。

 「海外で売れる女優らの出演料が跳ね上がり、それより格が上のスターの出演料も上がるというように連鎖的に高騰していった」(児玉さん)という。

 そのうち、「人気スターのキャスティングありきで、脚本もできていないのに制作に入り、赤字になる結果を招いた」(同)。

 歯止めが利かない出演料の高騰に、KBSなど主要テレビ局3社とドラマ協会は昨年11月、1話当たりの出演料を1500万ウォン(約100万円)に抑える「出演料上限制」を提案した。ところが、今年に入って「ドラマ協会が『制作費項目別上限額推薦案内』という俳優リストを各制作会社に配布した」と報じられ、バッシングを浴びた。

 ペ・ヨンジュン、ソン・スンホン、クォン・サンウ、チャン・ドンゴン…。

 リストには日本で知られる韓流スターの名前が並び、「日本向け版権販売額から制作会社の裁量で(上限額とは)、別途に奨励金を支払うことが可能だ」と記されていたため、「制限を定めた当事者が抜け道をつくるとは何事だ!」となったのだ。

 これまで視聴率を稼いできたドラマに陰りもみえ始めた。

 03年に13%を超えた韓国のドラマの平均視聴率も昨年は11%に低下。メディアからは、「韓流ドラマは不倫や出生の秘密ばかりでマンネリ」「ストーリー性に欠ける」との批判が噴出している。

 1997年の通貨危機以来、最悪といわれる不況に伴うCM収入の激減が追い打ちをかけ、高視聴率が見込める時間帯の放送を制作費がかさむドラマをやめてバラエティー番組にするテレビ局が相次いだ。

 ■日本原作が救世主…原点回帰の動きも

 一方、日本はいまだ「韓流バブル」を謳歌している。

 韓国政府の統計では、昨年の韓国ドラマの海外輸出額は、前年に比べ6・3%落ちたものの、9326万ドル(約82億円)に上った。輸出先の6割が日本で、「ドラマの赤字、黒字は日本次第」との構図が固定化しつつある。

 韓流ドラマ輸入にかかわる日本企業の担当者は「輸入の新規参入も多く、有名スターの出演作は買い尽くされ、新しいトレンディードラマまで買われる状態。競争が激しく、販売額も落ちていない」と説明する。

 「DVD販売などが落ちているが、本国に比べタイムラグがある」(輸入担当者)。だが、韓国側では、「ヨン様頼みではいずれ飽きられる」と懸念の声が挙がっている。

 こうしたなか、日本漫画をドラマの原作にする動きが出ている。「世界中で人気の日本漫画にあやかり、ストーリー性不足を補おう」というのだ。

 ドラマより先に低迷が表面化した映画界でこの動きが始まり、整形手術した女性の奮闘を描いた漫画「カンナさん大成功です!」をもとにした映画は観客動員数660万人を記録した。

 台湾でドラマ化され、ブームとなった学園漫画「花より男子」が韓国でも昨年末からドラマ放映され、24・8%の高視聴率をマーク。出演した若手俳優を中心に「イケメンブーム」にもなっている。大学受験を描き、日本で累計600万部を売り上げた漫画「ドラゴン桜」のドラマ化も計画されているという。

 ただ、これは抜本策とはいかないようだ。

 日本の業界関係者は「日本への輸出に頼らず、まずは国内で制作費を回収することを考えることが先決。韓国には、オリジナリティーある作品を生み出す力を持った若手制作者もおり、もっと活躍の場をつくるべきだ」と話す。

 新たな兆候も見える。特段、スターも出演せず、注目もされなかったドラマが昨年、放映当初1けた台だった視聴率を27%超に伸ばした。出生の秘密や復讐劇といった“古典的”テーマが内容だが、緻密に描かれた人間模様がヒットにつながったとされる。

 児玉さんは「韓流ドラマは本来、ドロドロした愛憎劇が日本の女性にも受け入れられたわけで、スターに頼らず、いかに作品そのものの力で“みせる”かに韓流ドラマの今後がかかっている」と指摘している。




アマゾンストアの「K&D COMPANY 商品棚」も24時間営業中

Amazon.co.jp

DMM.com CD&DVDレンタル

プレミアムビール“安売り”攻勢! キリンが「一番搾り」を大リニューアル


大学生ブログ選手権

キリンビールが3月に発売する新商品が業界に波紋を投げかけている。

 昨年3566万ケースを販売し、キリンブランドのなかで最も人気がある基幹商品「キリン一番搾り生ビール」を大リニューアル。これまで使っていたコーンやコメといった副原料の使用を取りやめ、麦芽とホップのみでの製造に切り替える。つまり、仕様を従来のレギュラービールから、麦芽100%のプレミアムビールに変更するというわけだ。

 しかも、価格は従来のまま据え置く。つまり仕様はプレミアム、価格はレギュラーというわけだ。1990年の一番搾りの発売時、レギュラー価格にするか、プレミアム価格にするかで社内の議論が続いたのは有名な話。今回はさらに仕様をあげるのだから、まさしく実質的なプレミアムビールの安売りとなる。

 プレミアムビールといえば、サッポロビールの「エビス」とサントリーの「ザ・プレミアム・モルツ」がよく知られている。どちらもレギュラービールより、大瓶一本当たりで20円前後高いが、ともに年間1000万ケース以上を売り上げる人気商品だ。

 しかも、プレミアム戦争と呼ばれた昨年のサントリーとサッポロの戦いはサントリーの“安売り”に軍配が上がり、エビスはプレミアムモルツに逆転されてしまった。サントリーは、大手ビールメーカーが2〜4月にビール系飲料の一斉値上げに踏み切ったのに対し、8月まで缶入り商品の値段を据え置き、史上初のシェア3位の座を獲得した。その原動力となった商品がプレミアムモルツと、第三のビール「金麦」だ。

 ところが、そのプレミアムビール市場に、キリンがレギュラー価格で殴り込んでくるのだから、サントリーもサッポロもたまったものではない。キリンは一番搾りをあくまでレギュラービールとして売るが、CMでは麦芽100%使用を前面に打ち出す予定で、両社がシェアを食われるのは火を見るより明らか。今年3 月、第2次プレミアムビール戦争の火蓋が切って落とされる。 




アマゾンストアの「K&D COMPANY 商品棚」も24時間営業中

Amazon.co.jp

DMM.com CD&DVDレンタル


「ネットが情報源」テレ朝番組、実はスタッフがブログ自作


大学生ブログ選手権

 テレビ朝日系で10日に放送された情報バラエティー番組の中で、「インターネット上で流れている情報」として紹介されたブログが、実際は番組制作スタッフが作成したものだったことが11日、わかった。

 この番組は、テレビ朝日制作で10日午後7時から放送された「情報整理バラエティー ウソバスター!」。

 一般に流れる様々な情報の真偽を検証し、クイズ形式にした内容で、「NEWSの語源は英語の東西南北の頭文字」「干支(えと)のイノシシは、中国や韓国ではブタ」「サケとシャケの違いは加工の有無」などと書かれた六つの雑学ブログが、出題のネタ元として画面付きで紹介された。

 しかし、番組終了後に、これらのブログをインターネットで見た視聴者が、いずれも同じ昨年12月10日に作成されていることに気づいて「あまりにも不自然」と指摘。同社も番組スタッフが撮影用に作ったブログであることを認めた。

 同社広報部では、「実際のブログ作成者から撮影許可が取れなかったので、同じ情報を元にスタッフが『再現』した。そのことをテロップやナレーションで伝えるべきだった。視聴者に誤解を与えかねない表現となり、申し訳ない」としている。




アマゾンストアの「K&D COMPANY 商品棚」も24時間営業中

Amazon.co.jp

DMM.com CD&DVDレンタル

バイト千人も行列に=最高売り上げ達成店で−マック


大学生ブログ選手権

日本マクドナルドが23日に、新作ハンバーガー「クオーターパウンダー」を大阪市中央区の御堂筋周防町店で先行販売した際、商品モニター調査のアルバイトとして雇われた約1000人が行列に加わり、商品を購入していたことが26日、分かった。同社は同店での1日当たりの売上高が1002万円となり、約24 年ぶりに最高記録を更新したと24日に発表していた。
 同社は「目的はあくまでも調査であり、意図的に売り上げを伸ばそうとしたわけではないが、誤解があるのであれば今後の検討課題としたい」(コミュニケーション部)としている。また、1000人分の商品代を差し引いても同店の最高記録更新は変わらないとしている。 




アマゾンストアの「K&D COMPANY 商品棚」も24時間営業中

Amazon.co.jp

DMM.com CD&DVDレンタル

<江ノ電>早世の少年に運転士「辞令」 没後10年夢かなう


大学生ブログ選手権

朋(とも)君、天国で思いっきり走ってください−−。江ノ島電鉄(神奈川県藤沢市)は22日、「運転士になりたい」という夢を持ちながら10年前、難病で亡くなった少年(当時16歳)に運転士の辞令を発令する。少年は亡くなる4日前、運転席に試乗してハンドルを握る夢をかなえたが、毎日新聞神奈川県内版で当時のいきさつを知った深谷研二社長が「ぜひ夢の続きを」と、本物と同じ辞令書を少年の父親に手渡すことにした。



 少年は東京都大田区の会社員、新田和久さん(56)の一人息子で、先天性心疾患「拡張型心筋症」だった朋宏さん。4歳の時に母親を同じ病気で失い、約11年間、同県茅ケ崎市の施設で育った。見舞いに来る和久さんとよく江ノ電に乗り、「大きくなったら江ノ電の運転士になるんだ」と語っていた。

 試乗は容体が悪化した98年11月11日、江ノ電の全面協力で実現した。制服、制帽姿で運転席に乗り込み、運転士の後ろで全線の旅。その後、検車区で「タンコロ」の愛称で知られる108型車両のハンドルを握り、運転士と一緒に動かした。当初は反対していた関東運輸局(横浜市)も「聞かなかったことにする」と黙認したという。

 10年後の今年10月、和久さんの知人で東京都品川区の塾経営、石井彰英さん(53)が感謝の気持ちを込めて江ノ電の精巧な模型を同社に寄贈。これを報じた12月3日付の記事を読んだ深谷社長が「他の仕事を休んででも、早く朋宏さんに夢の続きを」と職員に指示した。22日は、江ノ島駅(藤沢市)で辞令を交付した後、利用客のボタン操作で動くように改良した模型電車の出発式もある。

 和久さんは「ここまでしてくれた江ノ電を(将来の夢に)選んだ朋宏を褒めてあげたい」と感激している。




アマゾンストアの「K&D COMPANY 商品棚」も24時間営業中

Amazon.co.jp

DMM.com CD&DVDレンタル


「ラクダを食べよう」と提言=増え過ぎで苦肉の策−豪州


大学生ブログ選手権

オーストラリアで野生のラクダが増え過ぎ、対応に苦慮している。10年ごとに倍増を繰り返し、現在は100万頭以上。一部は中東へ輸出しているが、放置すれば増えるばかりで、環境にも悪影響が及ぶ。政府系研究機関「砂漠研究センター」は国内で食用として消費する案を国に提言している。
 ラクダは19世紀半ばに大陸横断の輸送手段としてアフリカから輸入されたが、交通機関の発達に伴い野に放たれて野生化、現在は同国中央部の砂漠地帯に生息している。繁殖力が強いため増え続け、希少動植物を食べるなど生態系を破壊。牧場にある牛用の水を飲んだり、食べ物を求めて先住民の住居を襲ったりする被害も出ている。 





アマゾンストアの「K&D COMPANY 商品棚」も24時間営業中

Amazon.co.jp

DMM.com CD&DVDレンタル


TBS長寿番組「どうぶつ奇想天外!」に幕


大学生ブログ選手権

TBSの長寿番組「どうぶつ奇想天外!」(日曜後8・0)が、来年3月で終了することが20日、分かった。同番組はタレント、みのもんた(64)の司会で1993年10月に放送開始し、動物をテーマにしたクイズで人気を博したが、この1年は視聴率が1ケタ台と低迷。83年4月放送開始の「わくわく動物ランド」から引き継いだ同局の“動物バラエティー”が、25年の歴史に幕を閉じる。

また1つ、TBSの看板番組が幕を閉じる。15年半にわたって親しまれてきた「どうぶつ−」が、来年3月に終了することが明らかになった。

 みのの軽妙なトークとともに、視聴者の支持を受けてきた同番組。動物をテーマにしたクイズ番組として、草分け的存在の「わくわく−」(1983年4月〜92年3月放送)の終了を受け、1年半のブランク後、土曜8時枠でスタートした。

 01年9月には19.6%の番組最高視聴率をマークするなど人気が上昇し、04年4月からはNHK大河ドラマの強い日曜8時枠に移行。それでも、常に視聴率10%台をキープしてきた。

 だが、今年に入って視聴率が1ケタ台と低迷。21世紀の大河で最高年間視聴率24.5%を叩き出した宮崎あおい(23)主演の「篤姫」にまったく歯が立たなかった。頼みの綱だった子供層の視聴率も、一昨年から落ち込みが激しく、局側は番組の使命を終えたと判断したようだ。

 TBSでは、来年4月から番組の大改編を敢行。すでに、月〜金曜の午後5時50分から7時50分に、2時間の報道番組を編成することを発表している。日曜午後8時枠の後番組は未定だが、関係者によると「関口宏の東京フレンドパークII」(月曜6・55)など、午後7時枠で放送されている人気番組の移行が検討されているという。

 最有力の「−フレンドパーク」は15年の歴史を持つ同局の看板バラエティー。だが、最近の視聴率は13%前後で推移しており、よほどテコ入れしない限り妻夫木聡(28)主演の新大河「天地人」に対向するのは難しそうだ。

 一方、「どうぶつ−」で培った自然ドキュメントの映像やノウハウは、新しい形で生かすことを考えているという。一時代を築いた長寿番組の終焉は、TBSが推し進める大改革の“象徴”といえる。同局はサンケイスポーツの取材に「4月改編に関しては現在作業中で、お答えすることはありません」とコメントした。



アマゾンストアの「K&D COMPANY 商品棚」も24時間営業中

Amazon.co.jp

DMM.com CD&DVDレンタル

『篤姫』最終回視聴率28.7%、全50回20%超え


大学生ブログ選手権

NHK大河ドラマ『篤姫』が14日に最終回を迎え、その視聴率がビデオリサーチの調べで28.7%(関東地区・番組平均)だったことが15日(月)、わかった。これで第1回から最終第50回まですべて20%以上を記録したことになる。



 同作は、新進気鋭の女優・宮崎あおいの主演で放送開始当初より注目され、放送回数を重ねるごとに人気も上昇。9月にはそんな視聴者からの希望に答え大河ドラマでは異例ともいえる第1回からの集中アンコール放送を実施した。最終回は70分の放送。若手女優が49歳までの篤姫を演じきった。

 なお、放送期間中の最高視聴率は、11月30日放送の29.2%。また、初回から最終回までの期間平均視聴率としては24.5%となり、1997年放送の『毛利元就』の23.4%を超えて、過去10年で最高記録となった。




アマゾンストアの「K&D COMPANY 商品棚」も24時間営業中

Amazon.co.jp

DMM.com CD&DVDレンタル

クラサマス? 日本ケーキ=今年の創作四字熟語−住友生命


大学生ブログ選手権

「暗増景気(クラサマスケーキ)」にいつ明かりはともるのか−。住友生命保険は11日、2008年の世相を表した「創作四字熟語」の入賞作50編を発表した。優秀作品には「暗増景気」のほか、「株式逃資(かぶしきとうし)」、医師不足を反映した「窮々病院」(きゅうきゅうびょういん)など10編が選ばれた。今年は物価高騰や金融不安を背景に、経済をテーマとした作品が例年になく多かったという。 




アマゾンストアの「K&D COMPANY 商品棚」も24時間営業中

Amazon.co.jp

DMM.com CD&DVDレンタル

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM