<< とりあえず、このルパンはヒドい・・・。 | main | 通信サービス >>

映画「二〇三高地」

NHKで9時からやっていたので3時間もぶっ続けで見てました。いやー。往年の名作はやっぱり見ていて面白い。8年ぶりぐらいに見る機会になったけどまとまりが良いよねー。個人的には丹波さんが好きです。



さて。
なぜ、NHKで戦争映画をやっていたかというと「坂の上の雲」がまもなく再開されるからです。今までのアンコールも何回かやってます。


で。実はどーにも納得いかない。最初に違和感を感じたのは「豆腐屋が軍隊ラッパで吹いてみる」というシーン。

坂の上の雲で見たときに、「あれ?」って最初に思ったのは「こんなシーン、何か見た気がする」というデジャビュぐらいだったけど、映画を見てわかった。



今回のドラマで「二〇三高地」の部分は映画のオマージュです。というか、主人公が出てないシーンは、ほぼ映画と瓜二つっていうのはちっとばかしどうかなーという印象。

セリフが似ているかと思えば、場面も同じような状況で、違うのはカメラアングルぐらいかと。



こりゃー、この時期に流さなくても良かったんじゃねぇかなぁなんて思ってました。

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM