<< 報告 | main | 映画「二〇三高地」 >>

とりあえず、このルパンはヒドい・・・。

 『ルパン三世 血の刻印〜永遠のmermaid〜』

近年、クオリティの低下が叫ばれる中、40周年記念という節目の年に、主要キャストが交代した第1作目がこんな駄作に仕上がってたんじゃどうしようもないな。

惜しまれつつ納谷さんが降板。後任は山ちゃん。五右衛門に浪川さん。不二子に沢城さんを起用した布陣。もう、声優の緊張感たるや画面から伝わって くるのがハンパない。山ちゃんがものすごい緊張しているのが声から分かるんだから、もう最初はハラハラしていました。警部はアリだとしても、浪川さんは違 和感あるなー。うーん。あと2,3年ぐらいしないと定着しないかも・・・。この調子だと、次元役の小林さんの後任は難しいな・・・と思います。

声優さんの出来不出来に関係なく、私が不満なのはストーリー展開と作画。見得もなければ、印象的なセリフもないし、なにしろ軸が弱くて面白くもなんともない。制作陣のセンスが悪い。

というか、謎がありすぎて。ここを展開すればますます面白いのに、こんな脚本によくOK出したなと思います。
謎1:ルパン1世が宝石を2個とも盗んでいる(ストーリーの中で断言)しているにも関わらず、宝石を使う機会がなかった。→抜け穴を使ったからである→それでその宝石はどうなったの?(「質のような流れ者だ」と言っていた悪役の言葉の意味は?)
謎2:「八百比丘尼の系統」が3つあるとして、宝石を守っていた一族は?(関係者は誰も出てこない)


全体的にストーリーが変だし。作画も変だし。最初の牢屋のシーンで、「八百比丘尼」の第一印象で「ああ、今回は終わったな・・・」と一瞬にして期待を裏切ってくれました。その後の妹が出てきた時点で、ますますダメダメ感が半端ない・・・。

画もストーリーもダメダメなルパンはルパンでないし、センスも悪い。その一言に尽きるな。



コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM