<< 書き物 | main | 報告 >>

夢見の悪さ

どーしてまあ、よくもあんな夢を見たもんだ。


鹿児島の中を走るローカル線に乗っていて、普通の田舎にある海岸線を走っていく。(もちろん行ったことも見たこともないが、設定としては九州の南地方。外海沿岸と思われる)畦道や田んぼを横目に写真を撮っている。
(高校への通学路として使っているんだーみたいなコメントがあった気がする)
それから、しばらくして再びそのローカル線に乗ると(地震の影響かは不明だが)全て海に水没していて、それでもローカル線は海の上を辛うじて波を掻き分けながら進んでいく。
田んぼや家は全て水没していて、水に浸かっていて見えない状態になっていた。


ある駅に降り立つと、プラットホームだけが残っていて回りは海水で一杯という感じ。それを動画で録っている自分。


まさに「千と千尋の神隠し」といった状態だった。それより悪質なのは、普通の風景と水没した風景を続けてみるというタイミング。

それで朝の3時30分を過ぎていたから、あとの1時間は浅い眠りで寝た気がしない。起きたあとのバツの悪さというか気味が悪いというかとにかく気味が悪くて仕方がない。



誰かこの夢、買ってくれないかなー。

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM