<< 映画レビュー「AKIRA 」 | main | テレビの話 >>

映画レビュー「踊る大捜査線 The movie 3」

色々、心境の変化があって最新作を見てきました。(ちなみに踊るシリーズを映画館で見たのは初めてです)



まあ、何とも物足りない映画ですね!


映画の中ではスピンオフも含め、「踊る1」からすると何とも物足りない感じがいやでなりません。唯一、交渉人がなかなか良かったほうです。


今作は、今までのパロディや出演者をあちこちで登場させています。気になる人もわんさか出てきますが、結局大したこともせずに終わってしまうため、期待した程の驚きは少なかったと思います。


どこまでコントで、シリアスな部分なのか線引が曖昧で、上手く伝わらなかったところも。どしゃ降りの署内で、2人がラーメンを食べながら話し合うところなんて、どー受け取れば良い変わらず苦笑していました。


最後だけに残念な部分が多い。「これで終わるんだなー」というオチだけははっきりしたと思います。




さて、いよいよ「SP」も公開です。

ドラマ版では異常にイライラして、映画まで引っ張ってきた今作。それも「野望編」だって、「既に次回作!」のニュアンスもある。ちなみに全く関係ないCMも流れてて気になる。
そもそも脚本が「映画風味」なだけに、通常のテレビとは勝手が違います。話にムリが無けりゃ、良いんだけど・・・

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM