<< 加護解雇!喫煙認めた…芸能界復帰絶望か | main | ヒラリー候補、一夜で3億円=ハリウッド争奪戦で巻き返し−米TV >>

関西テレビ、民放連が捏造で除名へ…準キー局で初


大学生ブログ選手権

フジテレビ系で放送された「発掘!あるある大事典2」の捏造(ねつぞう)問題で、日本民間放送連盟(民放連、会長=広瀬道貞・テレビ朝日会長)が、番組を制作した関西テレビを除名処分にする公算が大きくなった。

 27日に開催する緊急対策委員会で協議し、近く総会で正式決定する。

 民放連は既に、関西テレビを会員活動停止にしている。最も厳しい除名処分は、1999年3月から2000年8月まで静岡第一テレビがCM間引き問題で受けた1件だけ。関西テレビの処分が決定すれば、準キー局では初めてとなる。

 除名処分を受けると、放送局としての信用が失われ、広告収入に多大な影響が出る。また、番組をキー局に伝送したり、キー局から番組を受ける際に使用する回線料の加盟社割引が適用されなくなる。




アマゾンストアにて「K&D COMPANY 商品棚」がオープンしました!

Amazon.co.jp


コメント
「あるある」より酷い捏造報道問題を、TBSが今必死になって隠蔽しようとしています。
TBSの不二家に対する捏造報道をぜひ知ってください。
不二家の不祥事は厳しく批判されて当然です。
しかし、やってないことまででっちあげられ「廃業してもらいたい」とまで言われたのでは、不二家の従業員とその家族があまりにかわいそうです。
お願いします。
  • 2007/04/03 3:45 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM