<< 読書レビュー「星の王子さま」(集英社) | main | アフィリエイト参加しました・・・ >>

君が代伴奏命令は合憲、教諭の上告棄却…最高裁初判断


大学生ブログ選手権

東京都日野市の市立小学校の入学式で、「君が代」のピアノ伴奏を命じた校長の職務命令を拒否したことを理由に懲戒処分を受けた音楽科の女性教諭(53)が、都教育委員会を相手取り、処分の取り消しを求めた訴訟の上告審判決が27日、最高裁第3小法廷であった。

 那須弘平裁判長は「校長の職務命令は思想及び良心の自由を保障した憲法19条に違反しない」とする初判断を示し、上告を棄却。教諭側の敗訴が確定した。

 この日の判決は、那須裁判長と上田豊三、堀籠幸男、田原睦夫各裁判官の計4人の多数意見。藤田宙靖(ときやす)裁判官は、反対意見を述べた。

 多数意見はまず、ピアノ伴奏を拒否する教諭の考えを、「歴史観や世界観、社会生活上の信念」と位置づけた上で、職務命令で伴奏を命じても、この考えを否定することにはならないと指摘。さらに、ピアノ伴奏は、「音楽教諭にとって通常想定された行為」に過ぎないとし、それを命じる職務命令が、「特定の思想を持つことを強制したり、特定の思想の有無を告白することを強要したりするものではなく、児童に一方的な思想を教え込むことを強制することにもならない」と述べた。



あんまりゴチャゴチャ書くと「右だ」「左だ」と言われるのですが・・・(ちょっと右に傾いた感じなのは否定しませんがね)

今回の判決は妥当だと感じました。
だって、普通に「君が代を弾いて」と言われたのだから、それを行うのが筋。「それを実行してしまうと子供達に強制しているのと一緒――」何て言う人も居るかもしれないが、それは個人々々のコトであって、そこをわざわざ心配する必要は無いと考える。だって、別に「あっ、日本って意外と酷いから歌わない」とそういう人が居ても仕方がない部分はありますからネエ。



で・・・27日放送のNHK「クローズアップ現代」。就職する工学部の人に「鉄鋼業ってどうですか?」という質問。



「地味じゃないですか?」



コイツ、バカだろ。地味じゃない仕事って何だよそれ。
むしろ鉄鋼を作っていることに、胸を張って答えられると思う。石油・ガスを運ぶ船を作る。車を作る。飛行機を作る。鉄鋼がなければ始まらないのだ。
地味な仕事は嫌だと言っていたら、じゃあ、台湾や中国の工場は軒並み閉鎖だな。フィギュア制作(主に玩具ですが)、洋服、パソコン・・・何でもちまちま地道に作っていますよ。


こんな変な人は就職できないんだろうなあ・・・・と感じた

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM